小さな出版社で本の編集・出版体験小鳥書房

募集中
小さな出版社で本の編集・出版体験

まちの書店の「こんなの欲しい」という声から生まれた、「まちではたらいて、くらす」を体験できる『はたらクラス』。仕事・学び・暮らしに役立つスキルが学べます。

書店を併設する小さな出版社

どこか懐かしいダイヤ街商店街の一角にたたずむ、「たったひとりのための本」を届ける出版社。

書籍『ちゃんと食べとる?』『モノポの巣』などの企画・編集・発行のほか、編集プロダクションとしても医・食・妖怪……など、さまざまなジャンルの本の編集に携わっている代表の落合加依子さんと一緒に、他ではなかなか知ることのできない本の編集・出版の仕事を体験してみませんか?

仕事場に併設する新刊書店『小鳥書房』の立ち上げや、地域密着の書店運営の裏話についてもお話しします。

プランの内容

店舗名
小鳥書房
所在地
東京都国立市富士見台1-8-15
アクセス
JR南武線谷保(やほ)駅から徒歩4分
日程
プランA(1日)
プランB (7日間)
日程はお気軽にご相談ください。
費用
プランA 9500円
プランB 2万5000円 ※宿泊料込み(コトナハウス/6泊7日1万2000円)
プランA
12:30 集合。周辺のまちの紹介。
13:00 本の編集・出版の仕事体験。数ある編集業務の一部を行います。
15:00 休憩。編集・出版のこと、新刊書店「小鳥書房」の運営などについてお話します。
19:00 終了
プランB
1日目 プランAと同内容
2日目 取材・ライティング体験。地域でお店を営む人を取材し、1本の記事を執筆します。ライティングの実績として企業などに提出していただけます。
3、4日目 自由時間。国立や都心散策、取材記事の執筆、編集の仕事のお手伝い、コトナハウスのメンバーとの交流など。
5、6日目 本の編集・出版の仕事体験
7日目 7日間の振り返り。
13:00 終了
※こちらはモデルプランです。
こんな人にオススメ
出版業界を目指している学生さん。
編集・出版に興味があり、具体的な仕事内容を知りたい・体験してみたい人。
主催者からヒトコト
編集・出版の仕事内容は本当にさまざま。希望に合わせてアレンジしますので、「挑戦してみたいこと」を遠慮なく教えてください。お会いできるのを楽しみにしています!(落合加依子さん)
宿泊場所
コトナハウス
http://kotonahouse.com/
HP
https://www.kotorishobo.com/
問い合わせ
090-7434−6872 ochiai@kotorishobo.com

小鳥書房へのご応募

下記のフォームに必要事項をご記入し、ご応募ください。選考の上、小鳥書房よりご連絡いたします。

ご記入されたメールアドレスに自動返信メールが届きます。届かない場合はメールアドレスに誤りのある可能性がございます。再度ご応募ください。

    • お名前
    • ふりがな
    • 生年月日
    • メールアドレス

      携帯メールでのお問い合わせの場合、こちらからご返信してもメールが届かないことがあります。パソコンのメールアドレスをご入力ください。

    • 電話番号
    • 住所
    • 応募理由・
      ご質問など

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。プライバシーポリシー利用規約適用されます。

    東京都国立市富士見台1-8-15

    「はたらクラス」とは

    まちの書店の「こんなの欲しい」という声から生まれた、「まちではたらいて、くらす」を体験できる『はたらクラス』。仕事・学び・暮らしに役立つスキルが学べます。

    加藤 優 加藤 優

    この記事をシェアする