国立人 小さなまちの仕事さがしのびやかにはたらく人を大切にする国立(くにたち)エリアの求人サイトです。

はたらく×くにたち展vol.1

期間 2017.12.1(金) – 12.12(火) 13:00〜19:00
場所 くにきたべーす/国分寺市光町1-39-9
国立駅北口から徒歩5分。駅を出てまっすぐ北へ進み、「とんかつ ひらよし」の角を右に。
*パンやコーヒー豆、雑貨などが並ぶ《国立人マルシェ》も同時開催!

東京都で2番目に小さなまち、国立で働く人々の
「現在の仕事」と、昔思い描いていた「夢の白地図」を並べて展示。
ニッポー設備株式会社さんが普及に努める“ペレットストーブ”の
あたたかな火が灯る展示会場で、自由に過ごしていただきました。

vol.1出展者はこちらの9名。
・アカリベーカリー 店主 高山顕さん
・株式会社エマリコくにたち 取締役 菱沼茉莉子さん
・おへそキッチン 代表 小野円さん
・靴の一歩堂 代表 川井一平さん
・珈琲ぶんさん
・ニッポー設備株式会社 代表取締役 田中友統さん
・ノウサクジュンペイアーキテクツ 代表 能作淳平さん
・hair lounge houm. 代表 原謙司さん
・リストランテ国立文流 店長 廣田隆治さん
(五十音順)

国立の仕事に触れる「国立人 小さなまちのマルシェ」も同時開催。
国立らしいおみやげにと好評でした!

会場は、国立駅の北口から徒歩5分の
閑静な住宅街にたたずむひみつ基地「くにきたべーす」。

10年以上空き店舗になっていた「佐藤建具店」の空間を、
店主の“うぉーりー”が自力でリフォーム。
真っ白に塗られた壁に、国立の仕事と夢が並びました。

「国立にこんなおもしろそうな会社、お店があるとは知らなかった」
「都心に遊びに行くことが多かったけど、国立にも色々ありそう」
出展者の皆さんの夢や仕事から、「自分も国立でなにか始めてみようかな」という声も。

仕事や夢のみならず、国立というまちや、自分自身のことを再発見する
そんな「立体感のあるメディア」のような展示を、まちの人たちと一緒に創っていきました。
出展者の皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

展示の様子は、Instagramにて
https://www.instagram.com/kunitachijin/

はた×くに展 Opening Home Party!

展示2日目の12/2(土)19:30からは、
どなたでも参加できるホームパーティのような、オープニングレセプションを開催しました。
イベントページはこちら

【参加費】1500円
※ワンドリンクとお料理
※20歳以下の方は500円