小さな緑と暮らすKUNITACHI GREEN

小さな緑と暮らす

「日々、少しずつ成長が見える」「忙しかったり体調が悪かったりすると、元気がない」
「たまに部屋の外に出して、風や光に当てるとピンとする」

そんな、グリーン(観葉植物)のある暮らし。

いつも物言わず自分を見守るグリーンは、今の自分の心や体の状態を表すバロメーターのようです。

もくじ

グリーンと暮らせば

まるで公園のような国立のメインストリート『大学通り』で、ひときわ目を引くカフェと雑貨の複合施設。

その2階に、グリーンとインテリアのお店『KUNITACHI GREEN』が、2021年10月15日にオープンしました。

「コロナ禍を経て、おうち時間や、まちで過ごす時間により一層目を向ける人が増えました。私自身もその一人で、まずは室内で育てやすい小さなグリーンを部屋に置いてみたんです。それ以来、植物の魅力にどんどん惹かれていきました」

そう話すのは、『KUNITACHI GREEN』店長の大倉理沙さん。

「部屋にグリーンが一つあるだけで、空気がガラッと変わるんです。週に一度、水をあげて風通しをよくすれば元気になって、小さな芽が出ると嬉しくなってずっと眺めてしまう。グリーンと暮らすようになってから、自分の気持ちが澄んでいくような気がしました」

大倉さんにとって、グリーンはまるで「同居人」のような感覚なのだそう。

『KUNITACHI GREEN』は、室内用のグリーンや小物の専門店です。

大正時代の学園都市構想から始まった国立は、大きな庭のあるお宅が多く、お花屋さんも多いまち。現在はマンションやアパート、小さな区画の建物も増え、ベランダや室内でグリーンを楽しむ人が増えたものの、室内用のグリーンや鉢などのツールを扱うお店はほとんどありませんでした。

「国立でずっと愛されるお店にしたいという想いから、店名に『KUNITACHI』とつけました。このまちの皆さんと一緒に、お部屋の中の観葉植物のように、まちに馴染むお店に育てていきたいと思っています」


そんな大倉さんがグリーンとの「同居」をはじめたのは、2021年春先のこと。その数か月後の2021年7月に、『KUNITACHI GREEN』を立ち上げることになりました。

グリーンを中心に、暮らしだけでなく、仕事もまた大きな転換期を迎えることとなったのです。

人を感じられる店づくり

『KUNITACHI GREEN』は、大学通り沿いで20年以上続く『GEORGE’S(ジョージズ) 国立店』から派生した新しいお店です。

『GEORGE’S』は、1989年に京都で発祥した個人のインテリアショップが原点。今では全国に19店舗を持ちますが、大切にしているのは「そのまちに愛される個人店」であり続けることです。

「大学通り沿いの『GEORGE’S 国立店』は、目的がなくてもふらっと入りやすくて、顔見知りのスタッフと会話を楽しむなど、自由な過ごし方をされる方が多いです。それも20年以上ここに根ざして、お客さんとの対話の中で育まれてきた雰囲気なのだと思います」

ただモノを売るだけではない、人を感じられる店づくり。中学生の頃に『GEORGE’S』に出会った大倉さんは、何度も足を運ぶうちにそのあたたかみを感じとり、いつしかお店のファンになっていました。

「社会に出て、最初は事務の仕事をしていましたが、『もっと自由に動きたい』『もっと人と話したい』という気持ちが強くなり、もともと好きなお店だった『GEORGE’S』で働いてみよう、と思い立ちました」

お客さんだった頃に感じていた、スタッフとの「ちょうどいい」距離感。何かを聞けばその人らしい自然体な答えが返ってきて、顔見知りになれば「こんにちは」と気持ちのいい挨拶が交わせる。置いてあるモノ一つをとっても、スタッフのこだわりやバックグランドが見える。

「『好き』を『仕事』にすることは、あまり周りにそういう人がいなかったので、最初は抵抗感もありました。でも、私はもともと負けず嫌いで、『好き』だけで満足するのではなく『もっと向上したい』という気持ちが強かったのかもしれません。どうしたらもっと売上が上がる売り場が作れるのか考える、自分がやると決めたことはやりきる。そういうことを繰り返していきました」

実際にステップアップのチャンスも多く、アルバイトからスタートした大倉さんは、2年後に社員に、その2年後に『GEORGE’S ららぽーと立川立飛店』の店長に、その2年後の2021年には、新店舗である『KUNITACHI GREEN』立ち上げの話が舞い込んできました。

「『KUNITACHI GREEN』の立ち上げは、店長である私にとっても、そこに関わるスタッフにとっても全くの新しい挑戦でした。私はこれまで植物に携わった時間は短く、経験も浅いと思います。でも、植物と暮らす中で生まれた興味関心は広がっていて、もっと植物に深く携わりたいと思っていたので、不安よりも率直にワクワクして。『やってみよう!』と思いました」

大倉さんは、植物について自分で調べるだけでなく、お客さんとの会話の中で学んだり、お互いに知識を深め合ったりすることも多いそうです。

『KUNITACHI GREEN』のグリーンは、『GEORGE’S 国立店』が長年推し続けている『カリモク』の家具とも調和します。

「インテリアとの親和性も、さらに深めていけたら」と大倉さん。

「デートやお散歩に。私やスタッフと話をしに。お家で育てているグリーンの相談に。何を買うわけではなくても気軽に立ち寄れる。私が最初に『GEORGE’S』で感じた“人を感じられる”お店を、『KUNITACHI GREEN』でも目指していきたいと思います」

公園のような大学通りを散歩したら、まずは小さなグリーンを一つ選んでみる。そんなきっかけからはじまる「グリーンとの暮らし」を、思い描いてみませんか。

店舗情報

店舗名
KUNITACHI GREEN
問い合わせ
042-505-4166
HP
https://www.georges.co.jp/

東京都国立市中1-17-2 『GEORGE'S 国立店』2F

この記事をシェアする