心はずむ、美と音楽デイサービス笑福(えふ)

心はずむ、美と音楽

“デイサービス”と聞いたとき、あなたはどんな場所をイメージしますか?

「女性たちが自宅を離れ余暇の時間を、趣味のサークルのように過ごしながら、ヘアカットやマッサージ、ネイルケアをして、活き活きと美しくなれる場所」

そんな想像をする方は、まだまだ少ないかもしれません。

ここ『デイサービス笑福(えふ)』は、国立エリアに暮らす介護認定を受けた人々が、ケアマネージャーの紹介を通して集まってくる、まるでサロンのような空間です。

笑福の特徴は、理美容師が常時勤務し、シャンプーやヘアカットを施す個室、マッサージ台があり、そして何より「素敵な女性たちが集まっている」ところ。女性たちの「何歳になっても美しくありたい」という思いやモチベーションを、もっとも大切にしているのです。

もくじ

美と音楽のデイサービス

「全国的にも珍しい“理美容師のいるデイサービス”は、理容師と介護職を経験した代表の妻・山本えり子のアイデアでした。希望者はヘアカット、マッサージやネイルサービスを受けることができますよ。午後になると、私自身が小さい頃から続けていたピアノ伴奏に合わせて歌います。ここでは、スタッフみんなが好きなことや特技を活かして働いています」と、代表の山本健治さん。

利用者の女性たちだけでなく、働いている美容・理容師、看護師、ケアスタッフたちも弾むような笑顔で、とても華やかな雰囲気。

「女性にとって、理美容室に行くのは気分転換の時間。デイサービスでもそんな時間を過ごしてもらいたくて、笑福を立ち上げました」

理容師として働いていたえり子さんがはじめて介護業界に入ったのは、子どもが大きくなり、自分もこれまでとは違う新しいことに挑戦したくなったことがきっかけでした。

「その頃勤めていた介護施設では、私は利用者さんのシャンプー係でした。ついでにヘアカットやお顔そりもよくお願いされたのですが、理美容行為をするには保健所の許可が必要で、断るしかなくて。調べてみると、東京には理美容室を併設したデイサービスが全くないことがわかって、それなら自分ではじめよう! と一念発起しました」

2016年、IT企業で営業職として働いていた夫の山本さんを誘って、東京初の「理容所一体型通所介護事業所」を、東京都の認可を受けて開業します。

「長年営業職として働きながら、高い数字目標に向かい努力する達成感、お客様の役に立つという喜びも体験しました。けれども、営業職から見える世界は競争社会で、“弱者を守る”という価値観ではなく、経済的な能力がそのまま人間の価値として判断される世界でもありました。自分自身の人間的な成長を考えながら将来のことを模索する中で、徐々に人へ思いやりや援助に関心を持つようになっていきました」

山本さんがずっと続けていた音楽活動でも、「もっと誰かの支援に役立てたい」という思いが強くなり、介護施設へボランティア演奏にも行っていたそう。27年間のサラリーマン人生、そこには様々な葛藤があったのです。

えり子さんは全盲を患った父と弱視の母を持ち、ふたりの手を引きながら外出することも多かったといいます。そのときの体験があったからこそ、介護職への関心にもつながったのかもしれません。

夫婦の道が重なったことで、より自由な生き方へと広がった。そんなふうにも思えます。

ずっと、いつまでも美しく

女性たちの社交サロンのように、笑福ではいつも話し声や笑い声が絶えません。

「はじめは人見知りをして黙り込んでいた方も、ここで気の合う友人と出会ってから笑顔を見せるようになって、音楽の時間にも大きな声で歌えるようになったんです」

えり子さんは嬉しそうにそう話します。

「綺麗になりたい」「おしゃれがしたい」

笑福では、そんな“心の健康”を大切にしています。

「デイサービスは自宅の延長で、部屋着のまま通うという利用者さんも多いようです。でも、ここに通う利用者さんは綺麗にお化粧をして、おしゃれをしてくる人が多くいらっしゃいます。おしゃれをしてくるとスタッフが必ず気がついて“素敵な洋服ですね”“お肌とっても綺麗ですね”と声をかけているからです」

いくつになっても、褒め言葉は女性の原動力になるのです。

「ご家族に何度も同じ話をしたり、わがままを言ってしまったり、負担をかけてしまったり……働きざかりの家族のなかで、居場所が見つけられない高齢者は少なくないようです。『自分の存在価値をわかってほしい』そんな利用者様の気持ちをスタッフは汲みとり、常に歳上の女性に対する尊敬の念を持ちながら接しています。そんなスタッフの優しさや思いやりには、私もいつも感謝しています。だからこそ、私も全力でまわりのみんなを笑顔にしていきたいのです」

あまり体が強くなく、つらいときがあっても、ここに楽しみに来ている利用者さんの前では笑顔を絶やさない。そんなえり子さんからは、人に対する愛情の深さが伝わってきます。

「髪を綺麗にしてエステをして、おしゃれをして、私たち動けなくなるまで素敵な女性でありつづけましょうね! いつも利用者さんにはそう話しているんですよ」

「私もこうありたい」、女性の素敵な生き方

「病院の臨床看護師をやめて、子育てで10年のブランクがありました。介護の現場は初めてで、高齢の方と楽しく接することができるか、ものすごく不安だったんですが……国立という地域柄か、かっこよく働いていた女性や、社会的地位のあった女性もここには多く通っていて、皆さんとても凛としていらっしゃるんです。歳を重ねると、培ってきた人間性がにじみ出てくるんだと知りました」

看護師の清水さんは、そう話します。

「機能トレーニングが苦手な方でも、お誘いしたら『誘ってくれるあなたの気持ちを受けて、頑張るわ』と笑ってくれたり、あまり乗り気ではなくても、少し考えて『巡り巡って、自分のためになるものね』と立ち上がってくれたり。ここで働いていると、ふとしたときに感銘を受けることがとても多くて。素敵な女性の生き方を学んでいます」

介護スタッフの岩渕さんは、こう話します。

「普通のデイサービスにはない理美容室があって、女性が多いところに魅力を感じて、ここで働きはじめてもう3年目になります。エステティシャンをしていた経験や、趣味のヨガやネイルのスキルも発揮させてもらっていますよ」

「これからは、介護サービスの受け手も、自分が受けたいサービスを選択していける時代になると思います。働くスタッフも、自分の感性や特技を活かせる職場でなければ、きっとやりがいを感じられません。笑福では、そのふたつをうまく融合させていきたいと思っています」と、山本さん。

ここでは働き方も自由自在なので、本業や趣味、家族との時間などを大切にしながら働くことができるのも嬉しいですね。

会社情報

社名
合同会社笑福(えふ)
HP
https://www.efkaigo.com/
問い合わせ
042-571-7809

東京都府中市北山町3-25-1

加藤 優 加藤 優

この記事をシェアする